各話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|第10話 オムツ履いて赤ちゃんプレイ

チンジャオ娘×小桜クマネコの最強コンビ☆

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

BookLive!コミックオトナランキング

第1位獲得♡


血の繋がりが無い親子の交尾が激しくエロい☆

今すぐ禁断の近親相姦セックス堪能する?

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第10話

第10話 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体

食卓のテーブルの下でお父さんのチンポを手コキ・・・!

そして、そのまま射精しちゃって・・・

母親にバレそうになり・・・

ドキドキとエロが止まりませんw

テーブルの下で手コキ

陽葵「お母さん、夕ご飯何?」

キッチンで母親が夕飯の準備をしていて、陽葵と俊樹は食卓で夕ご飯を待っていた。

夕ご飯が出てくるのを待ちわびていた陽葵は・・・

陽葵「暇!」

さわさわ・・・♡と、テーブルの下で俊樹の股間を弄り始めたのだ。

陽葵「お父さん、立ってる~したいんでしょ?」

俊樹「別に今はいいよ・・・」

陽葵「じゃあ、ご飯の後~?」

ズボンを脱がせ勃起したチンポを露わにした陽葵。

そのままチンポを握りシゴき始めたのだ。

陽葵「お父さん、めっちゃ立ってる~!見なくても分かるよ!」

父・俊樹「ちょっと!母さんが・・・!」

陽葵「テーブルの下だからばれっこないよ!お父さんが冷静にしてればね」

父・俊樹「待て待て!出る出る!あんまりやるとマジで出るから!」

陽葵「我慢すればいいじゃん♡」

父・俊樹「ちょっと!おい!」

ビュルルッ…ビュルルッ…!

なんとそのままテーブルの下で射精してしまったのだ!

ガクガク痙攣する俊樹。

陽葵「あ、出ちゃった?」

悪戯に笑いながら陽葵は言った。

父・俊樹「よせ!よせ!ふざけんな!・・・」

陽葵「あんまり大きい声出すとバレちゃうよ?」

悪戯な笑みを浮かべ、陽葵は母に

陽葵「お母さん、私拭き掃除(お父さんのザーメン)しておくね」

母「テーブルの拭き掃除かしら?ありがとう」

父にとって波乱の夕ご飯の時間となったのだ。

▽1話88円の安心価格▽


▲会員登録不要で読めるよ▲

知らない男とバッタリ遭遇・・・実の父親だった

最近、母親は外出が多くなっていた。

その日は、陽葵も買物に出ていた。

買物の帰り道、陽葵は母と見知らぬ男とバッタリ遭遇した。

母「陽葵じゃない!こんなところで1人で何してるの?」

陽葵「トンキにお菓子まとめ買いしにきた。お母さん、誰、その人?」

男「よお!君が陽葵ちゃんか!ふーん、なかなか可愛いじゃないか!さすが俺の娘!」

母「ちょっと!今言う事じゃ・・・」

男「いいじゃないか!どのみち知ることになる・・・」

陽葵「・・・どうも」

男「あんまり驚かないようだな!」

母「この人、西尾さんって言ってね、貴方が生まれる前に付き合ってて。彼、出所したばかりでお金なくて、最近彼のお手伝いをね・・・」

男「お前の母さんには、色々手伝ってもらってるんだ!特に夜・・・すげえんだ、お前の母さん!男の快楽を知り尽くしてるんだぜ」

母「娘の前で何を言ってるのよ!」

陽葵の前でペラペラ喋りだす、男と母。

母「でね、お父さんには内緒にしてて欲しいの!色々複雑なのよ」

男「お前の母さんとこれから水族館みてえなホテル行くんだぜ~」

陽葵「・・・何だかよく分からないけど、複雑な事情なんだね!お父さんには内緒にしておくから安心して」

陽葵はニッコリ笑ってそう言った。

ベビーベットで赤ちゃんプレイ

陽葵「お父さん、これな~んだ!?」

父・俊樹「ベビーベットか・・・まだあったんだな!」

陽葵「私、赤ちゃんになろうかなーって思って」

陽葵は上半身裸でオムツを履いてベットに寝転んだ。

父・俊樹「陽葵、どうしたんだそのオムツは」

陽葵「買ったの、ある方がエッチかな~って思って!これ履いたらいつでもおしっこしていいんだよね」

陽葵は嬉しそうに言った。

陽葵「お父さん、脱がして脱がして!」

ベリっとオムツを剥すと・・・

陽葵「はふ♡アソコがひんやりする♡」

父・俊樹「昔こうやってオムツ交換してたな!」

陽葵「昔は毛が生えてなかったけど・・・今は大人になったでしょ?」

陽葵はおまんこを露わにして言った。

父・俊樹「そうだな・・・」

そして、そのまま父は___!

気になる続きは本編で♬

▽無料試し読みは画像をタップ▽


▲試し読みは会員登録不要で読めるよ▲

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第10話 感想

今回もエロ爆発しちゃってました♡

食卓のテーブルの下で手コキってドキドキしちゃいました!

母にバレてしまうんじゃないか・・・って。

焦っている父を虐めるように手コキを止めない陽葵の

悪戯な笑顔がドSっぽくて可愛かった~

我慢出来ずに父射精しちゃいましたが

その後の処理はどうしたのか気になってしょうがない管理人ですw

あんなに大量に射精しちゃって・・・

絶対飛び散ってるし、匂いとか大丈夫だったのか・・・

気になる( *´艸`)w

そして、ついにオムツ赤ちゃんプレイきましたねw

陽葵、おむつ履いてたらそのままおしっこできちゃうね♡って

言ってたけど、父が脱がしたオムツもおしっこした後だったのかな?

なんか、オムツが黄色いような気がしたし、脱がしたときも

アソコがひんやりするって言ってましたよね!?

これは・・・おしっこ済みでしょうか?

だったら・・・エロすぎる!陽葵!

そしてオムツに興奮しちゃった父・・・激し過ぎ♡

次の話で最終回です♬

寂しいですが、親子の関係がどうなるのか・・・気になりますね!

ハッピーエンド期待してます!

▽秒でエロ漫画読めちゃうよ▽


▲まずは無料試し読みから▲