各話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|第4話 豊満おっぱいでおちんちんを・・・

チンジャオ娘×小桜クマネコの最強コンビ☆

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので


娘の処女を奪い3回連続で○出ししちゃって・・・

警察に出頭しようとした俊樹だったが・・・

陽葵に呼び止められて・・・!?

展開が気になる第4話もネタバレしていきましょ♬

 

禁断の近親相姦セックス堪能したい・・・?

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話

第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから

父に処女を奪われ連続中出しまでされた・・・

「お父さんにされたこと怒ってないよ・・・?」

お父さん大好きな健気な陽葵・・・

父との関係に変化が____!?

 

 

エッチビデオ観て勉強したの

結局、俊樹は出頭しなかった・・・

次の日は何事もなかったように出社に登校。

 

どんな顔して会えばいいのだろう・・・と考えながら帰宅すると

「お父さんの気持ちいいことしてあげる」と陽葵から言われ

俊樹は勃起した下半身を露わにし、横たわっていた。

 

陽葵「私ずっとお父さんと一緒にいたいの。もし、お父さんが警察に行ったりなんかしたら私いやなの・・・」

父・俊樹「もう行かないよ」

陽葵「うそ・・・お父さん正義感強いし、警察いきそうだもん」

 

キュっと勃起したチンポを握りしめながら陽葵は言った。

陽葵「私にはお父さんが必要だし、お父さんにも私が必要って思って欲しくて。授業中にエッチなビデオ観て練習したの・・・」

 

そう言って陽葵はチンポにキスをした___

 

父・俊樹「あっ・・・がっ・・・!」

気持ち良さに声が漏れる俊樹。

陽葵「ねえ気持ちいい?私がやってることちゃんと気持ちいい?」

父・俊樹「あぁ・・・気持ちいいよ」

陽葵「よかったぁ・・・♡」

 

そう言うと今度はチンポを咥えて・・・

 

じゅぷ・・・じゅぷ・・・じゅぷ・・・っ

 

父・俊樹「おっ・・・おっ・・・ひなたぁ・・・!」

 

ビュルルッ…ビュルルッ…!

 

俊樹は陽葵の口の中に大量に射精したのだ。

陽葵「出しちゃった♡お父さんの。エッチビデオと一緒のことしちゃった!お父さんが家にいてくれるなら、私ずっとやってあげるからね♡」

 

おちんちん擦ってもいい?

それから、陽葵は母の目を盗んで父のチンポをフェラしていた。

陽葵「ねえ、お父さん私のおっぱい大きい?」

父・俊樹「え・・・あぁ、大きい方だろう」

陽葵「おっぱいでも、おちんちん擦れるって聞いたんだ。やってみたいんだけど・・・」

父・俊樹「やってくれ!陽葵の頑張りを見てみたい・・・」

陽葵「やったー!」

 

そう言うと陽葵はおっぱいを露わにした。

陽葵「大きいよね・・・♡」

照れながら言うと、父の勃起したチンポを大きい胸で挟んだ。

 

むにゅ・・・

 

父・俊樹「おおっ・・・お・・・おっ!」

陽葵「気持ちいい?」

父・俊樹「気持ちいい・・・!」

陽葵「エッチビデオみたいに擦ったらもっと気持ちいいよね?」

 

ずり・・・ずり・・・っ

 

父・俊樹「陽葵!待て・・・もう出てしまう・・・っ!」

余裕の無い父を無視して陽葵は速度を速めて___!

気になる続きは本編で♬


▲無料試し読みは会員登録不要で読めるよ▲

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話 感想

父にずっと家にいて欲しいから・・・

って、エッチビデオで勉強するなんて・・・可愛すぎるよ陽葵♡

 

そして、第4話は巨乳好きには堪らない回でしたね♬

重量感のある豊満おっぱい・・・堪りませんw

そしてピチピチのサイズの合ってない

ブラジャー姿も興奮ポイントでしたね!

ブラからはみ出てるおっぱい・・・エロすぎw

お父さん、ちゃんとサイズの合ったブラ買ってあげてね♡

 

毎日、こんな可愛い子がフェラしてくれるなんて最高すぎ♡

▽今すぐタップで無料試し読み▽


▲1話88円の安心価格▲